公認会計士が一般企業で勤めるために留意しておいて頂きたい点について少々

公認会計士が一般企業に就職・転職するという方も増えています。そうしたキャリア選択というのもまた良いものといえるでしょう。

しかしながら、一般企業で勤めるためにはいくつか留意するべき点というものがあるのです。また、抑えておくと良いポイントなどもありますので、そうした部分について考えていきましょう。

考え事をするスーツ姿の男性

制度について

監査法人とは違っていて、一般企業にはジョブローテーション制度というものがあります。それには転勤などという問題も生まれてきます。

一般企業は会計専門というわけではありませんから、柔軟に課題をクリアできることが大切になってくるのです。だからこそ、ポジション変更などが実施されています。この点については充分な理解をもっておくことが大切でしょう。

業務の進め方について

監査法人はジョブごとにメンバーが招集されるのが一般的です。しかし、企業では固定メンバーで業務が行います。これが大きな違いともいえるでしょう。

一般企業の場合は、公認会計士に関わらずとも対応可能な業務のほうが多いという事もポイントとしておさえておきましょう。

このことから何が分かるかというと、企業に勤めるという事は、一社員として、さまざまな業務を任される可能性も充分にあるということです。

キャリアアップをしたいという場合には、様々な部署などで経験を積んで自分自身の守備範囲を広げていくことが重要なのです。

また、人間関係を良好に保つ能力なども求められることとなるでしょう。

相談システムなども利用する

中には、公認会計士と職場についての相談会や質問などを受け付けてくれている機関も存在していますので、迷っているという方は積極的に取り入れてみるのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする