公認会計士 試験

会計事務所もしくは税理士事務所などに就職する公認会計士について

    

公認会計士の職場というと、監査法人ですとか会計事務所もしくは税理士事務所などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかしながら、活躍できる場所はそこばかりではないのです。例えば、企業などで活躍をすることも充分に可能なのです。

今回はそうした企業について見ていきたいと思います。

■上場企業で活躍する
上場企業で仕事に携わるには、経理や財務または内部監査から経営企画など活躍できる場所は近年は特に増えているといわれているのです。特に、上場企業の経理部では、月・年次決算や有価証券報告書作成などといった仕事をしている公認会計士の方も実際に増加しているといわれているのです。

■ベンチャー企業について
ベンチャー企業と呼ばれる場所でも公認会計士として活躍できるのです。IPO市場が活発であれば、責任者やCFO候補などの立場から公認会計士が採用されるケースも実際にはあるのです。特に、公認会計士は企業のあるべき体勢というものを知っていることもありますので、採用市場でも評価される傾向が強いともいえるのです。

■企業を選択する公認会計士も増えている
上記のように、企業でキャリアを積むという公認会計士の方も多く存在しているのです。就職や転職の場所を幅広く知ることによって、自分自身の可能性やキャリアアップを客観視しやすくもなるでしょう。企業を選択することによって、さらに理想の職環境やキャリア地図を描けるようになりやすいのではないでしょうか。

■公認会計士の活躍場所は大きい
一見すると狭いように感じる公認会計士の活躍場所ですが、広いということがお分かりいただけたのではないでしょうか。さまざまな選択肢があるということを認識しておくのもまたおすすめとなっています。