優秀な公認会計士が活躍するフィールドについて考えてみました

公認会計士の「フィールド」は実に幅広いということをご存知の方は少ないのではないでしょうか。さまざまな業界で活躍をすることができる公認会計士について今回は見ていきたいと思います。

コンサルタント業務をこなす男性会計士

コンサルティング業界で活躍するということ

コンサルティング業界においての公認会計士のフィールドは、企業経営を「システムサイド」から支えていくという「会計系システムコンサルティング」が主なものといえるでしょう。

さらには、事業差再生などといった財務側から支援をする「財務アドバイザリー」なども近年においては需要があるといわれています。

財務アドバイザリーについて

需要が高い財務アドバイザリーですが、財務業務から、企業価値評価業務などという職務内容となっています。このことから、公認会計士の知識を充分に発揮しやすいといえるのです。

会計事務所をフィールドに

会計事務所は比較的に公認会計士の活躍場所であるという認知度が高いのではないでしょうか。会計事務所の業界では、企業の決算処理から税務報告などを実務サイドからサポートしているのが大きな特徴といえるでしょう。

中には、オーナーや地主といった方々に向けた資産税サービスなどを提供している会計事務所も存在しています。また、近年では海外進出案件なども増えていることからアクティブな活躍場所ともなりつつあるのです。

小規模な会計事務所でも海外進出支援を行うケースもまたあるのです。

フィールドを知るという事

今回は2つほど例にとっていきましたが、まだまだその幅は広いのです。自分の知識や得意分野を充分に発揮するためにこうしたフィールドを知るという事は良いことともいえるかと思います。

これから公認会計士を目指したいという方も参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする