公認会計士の就職先である「監査法人」について

公認会計士の仕事場としてイメージが強いのはやはり「監査法人」ではないでしょうか。しかし、近年では一般企業に就職や転職をするという公認会計士が増えているのです。

実際に先のようなスタンスを考えている方もおいででしょう。そこで今回は、監査法人と一般企業のスタンスの違いについて見ていきましょう。

AUDIT

制度そのものが違ってくる

一般企業には「ジョブローテーション制度」というものがあります。このことによって、転勤をしなくてはならないという事も出てくるかと思います。

これは、監査法人には無いことといえるでしょう。また、一般企業ですと会計業務ばかりではなく、状況によってはそのほかの仕事もこなす必要性が出てきます。

要は、柔軟性が求められるという事です。

業務の進め方も異なってくる

監査法人は、仕事ごとにメンバーが招集されます。一般企業の場合は、固定メンバーで業務が進んでいきます。この部分が大きな違いともいえるのではないでしょうか。

「固定メンバー」と記しましたが、常務内容が必ず固定的であるとは限りません。むしろ、対応すべき事柄はさまざまあるのです。

それらを「一社員」として負かされることもあるでしょう。

キャリアアップを考えている公認会計士の方へ

一般企業でキャリアアップをしたいと考えている方であれば、さまざまな部署で経験や知識を罪、自分自身のフィールドを広げていくことも有効的といえるのではないでしょうか。

不安な場合は相談システムを活用しよう

公認会計士と職環境についての相談会が実施されていたり、質問や疑問を受け付けているという機関も存在しています。ですので、迷っている方は積極的に活用していくとよいでしょう。

柔軟に対応していくことでより自らの価値を見出していただけることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする