公認会計士 試験

一般企業が公認会計士を求める理由ついて考えると公認会計士の存在の重要性が理解できる

    

公認会計士の需要が一般企業で上がっているというのはご存知でしょうか。その活躍幅は広いことはご存知の方も多いかと思いますが、一般企業へのニーズが高まっている理由についてはあまり知られていない部分でもあるでしょう。そこで、なぜニーズが高まっているのかなどという点について考えていきましょう。

■就職難と一般企業
以前においては、一般企業に公認会計士が就職・転職をするというのは珍しいことでした。しかし、昨今の不景気のあおりを受けて監査法人がリストラを行ったことなどが大きな背景となり、一般企業に採用を求めるようになったのです。また、専門知識を求めるために企業側にとっても採用したいと考えることが増えていったのです。

■一般企業の内情変化も大きな要因
たとえば、企業の会計処理は高緯度化をしているといえるでしょう。四半期決算の導入から無い舞踏性の義務化など、会計事務に対応しなくてはならないのです。そして、先のような会計事務に携われる人材は少ないのが現状でもあります。ですから、即戦力の採用をということで公認会計士をという流れが生まれたのです。

ですから、公認会計士のポテンシャルに期待を寄せている企業が多いということがいえるのです。

■転職市場も採用率が高い
就職ばかりではなく、転職という点においても採用率が高いといわれています。ですから、新たなキャリアを伸ばしたい・新天地で得意分野を活かしたいなどという公認会計士の方にもしの場所を求めやすい環境が生まれているのです。

■一般企業と公認会計士の関係
このように、以前においては疎遠に感じていた一般企業と公認会計士の関係は年々近いものとなっているのがお分かりいただけたかと思います。これからの道を選択していく上で参考にしていただければとも思います。