将来的に独立することを見据えて公認会計士の試験に臨むということについて

自分が理想とする仕事の形を作りたい・もっと収入をアップさせたいなどという方の選択肢として「独立する」というスタンスがあります。

これは、公認会計士の方においても同様のことがいえるのです。事務所を実際に構えて活躍している方もたくさんいらっしゃることでしょう。

そこで、独立のための準備やその期間といったものについて考えていきましょう。

夕陽を見つめる男性の後ろ姿

期間について

まず、独立までの準備期間について見てみましょう。独立するにあたり、個々の差というものがありますので一概にはいえませんが、1年で成し遂げると言う方もいれば3年という時間を要するという場合もあることでしょう。

まずは、時間的なものに囚われないことが重要です。長時間かかることが悪いわけではないと心得ておきましょう。焦って独立をして実力が伴わなかった・準備不足だったという場合が一番よくない形を作ってしまいますので、自身のペースというものを考えていきましょう。

独立を考えたときに見えてくるもの

上記のことでもお分かりいただけたかと思いますが、目安にしていただきたいのは年数ではなく実力です。独立をしても人との接点はもちろん生まれていますが、手助けや頼れる存在というものは基本的に自分のみとなってしまいます。

ですから、1人でも充分に対応できる実力が伴っていると考えられたタイミングで準備にとりかかるようにしてください。

自身のセールスポイントを見つける

例えば、同じ公認会計士であっても「この部分に関しては自信がある」などという分野もあるでしょう。そうしたものを持っているようでしたら、アピール・セールスポイントとして独立準備をすすめていきましょう。

抄録=公認会計士 CPA会計学院 https://cpa-net.jp/

動く前にまずは自身の準備を

いきなり現実的な準備を進めるのではなく、まずは自分自身を立ち返るという事も独立成功の上においては大切なことなのです。

独立を考えている場合の支援サービス

公認会計士というと、監査法人などに勤めているイメージが強いことでしょう。しかしながら、職場はそれに限ったことでは在りません。

さまざまな職場が用意されているのです。そして中には、独立という選択肢をチョイスする方もまたいらっしゃるのです。そこで、独立準備のための制度などという部分について見ていきたいと思います。

独立手順はたくさんある

独立をすることのメリットは、公認会計士の方にもたくさんあります。例えば、事務所の場所を選ぶですとか登記から名刺作成など、細かなことを掲げれば工程は多いかとも思います。

書類に情報を記入する女性会計士

以前と比較をすると進めやすくなったとはいえ、労力が必要だという事は言えるかと思います。だからこそ、支援サービスなどを上手に取り入れることがポイントともいえるのです。

公認会計士への支援サービス

近年においては、独立した人たちをサポートするサービスが多く用意されるようになりました。例えば、コンサルティングや企業の再生・不正調査からベンチャー企業の新規上場の支援・CFO業務から確定申告業務といった仕事を紹介してくれるものがあるのです。

公認会計士の検索プラットフォームに登録をするとこれらのことが出来るようになりました。また、会計関連のパソコンソフトのアドバイザーなどになることによって、あらたな顧客との接点を作ることもできるのです。

上手に支援サービスを利用するという事

独立というと、誰の手も借りずというものがあるかと思いますが、進めていく上においてはそうした意識に固執することなく、支援サービスを上手に取り入れながら進めていき、職務を少しずつ軌道へと乗せていくこともまた良い方法といえるのではないでしょうか。

そうした支援サービスについてまとめているインターネットサイトなどもありますので参考にしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする